表参道相続専門税理士事務所

〒107-0062 東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア2F (青山一丁目駅徒歩1分)

ご相談者専用ダイヤル(9時~21時)※日曜定休日晴れ福福

0120-80-2929

配偶者の税額軽減(配偶者控除)とはなんぞや?

配偶者の税額軽減

【この記事の執筆者】

相続税の研究を愛する相続専門の税理士。23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。表参道相続専門税理士事務所の代表を務める。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!相続税専門の税理士の橘です。

 

財産の分け方次第で、相続税は何倍も変わります。

 

その原因は2つありますが、そのうちの1つが今回ご紹介する、配偶者の税額軽減という特例です。

 

この制度は、一言でいうと「夫婦の間で相続する場合には、最低でも1億6千万円まで相続税を課税しませんよ」という制度です。

 

 

 

一見お得に見えますよね?

 

ただ、この特例には非常に恐い落し穴があるので、慎重に考えなければいけないのです。

今回は配偶者の税額軽減について、基本的なことから解説していきます。

 

そもそもどういった制度なの?

1次相続と2次相続

 

夫婦のどちらか一方の方が亡くなってしまうことを1次相続、その後、残された方が亡くなってしまうことを2次相続といいます。

 

1次相続で夫が亡くなった場合には、奥様は今後の生活のためにも財産を相続する必要があります。

 

ご主人がもっていた財産は、そもそも、夫婦で協力して築き上げたものです。

 

その財産を奥様が相続するのに、相続税がかかってしまうのは酷な話ですので、夫婦の間の相続においては、一定額まで相続税を課税していないのです。

 

その金額はいくらかというと・・・

 

1億6千万円か配偶者の法定相続分の、いずれか多い金額までです。

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

この言い回しで一発で理解できる人は天才だと思います。

 

私も最初にこの表現を聞いた時には「???」となりました。

 

ですので、ここは丁寧にお伝えしていきます。

 

 

 

1億6千万か法定相続分のいずれか多い金額ってどういう意味

 

実例を使って見ていきましょう。

 

例えば、2億円の財産を持っている人がいたとします。

この方が亡くなってしまった時に、妻はいくらまで相続しても相続税がかからないか考えてみましょう。

 

まずは、1億6千万円。

 

次に、妻の法定相続分は、子供がいる場合には1/2なので、1億円です。

※法定相続分がわからない人はこちらの記事をご覧ください→法定相続分とはなんぞや?

 

この2つの金額を比べてみましょう。

 

どちらが多い金額になりますでしょうか?

 

 

 

 

1億6千万円ですよね?

 

ですので、この方が亡くなったときには奥様は1億6千万円まで相続しても相続税がかからないことになります。

 

図にすると次のような感じです。

 

 

続けて、例えば、4億円の財産を持っている人がいたとします。

 

この人が亡くなった場合には、妻はいくらまで相続しても相続税がかからないか、少し考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

まずは、1億6千万円でしたね。

 

その次は、妻の法定相続分は、4億円の半分の2億円です。

 

今度は、この2つの金額を比べてみましょう。

 

どちらが多い金額になるかというと、

 

 

2億円ですよね!

 

 

ですので、この方が亡くなった場合には、妻は2億円まで相続しても相続税がかからないことになります。

 

図にするとこんな感じです。

 

このように考えると意外と簡単に理解できますよね。

 

改めてお伝えすると、配偶者は1億6千万円法定相続分いずれか多い金額まで相続しても相続税がかかりません。

 

 

 

 

上の伝え方が正しい形なのですが、いかんせん覚えにくいですよね。

 

私がお勧めする覚え方はこれです。

 

「配偶者は最低でも1億6千万円までは絶対に相続税かかりません!」

 

これで覚えるのが一番です!

 

 

 

 

だったら、できるだけ妻に相続させた方が有利では?

それではここで、またちょっとしたクイズを出します。是非考えてみてください。

 

【問題】

財産が1億6千万円以下の方が、全財産を配偶者へ相続させた場合、かかる相続税はいくらになるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりましたでしょうか?

 

 

 

 

【正解】0円 (ただし、相続税の申告は必要になります)

 

 

 

そうなんです。

財産が1億6千万以下の方が、全財産を配偶者に相続させた場合の相続税は、配偶者の税額軽減によって、0円になります。1円も相続税を払わなくてもいいのです。

 

 

一見、お得に見えますよね・・・?

 

 

しかしながら・・・この相続のさせ方・・・・

 

 

最も不利になる可能性が非常に高いのです!!

 

相続税は0円なのに、なぜ最も不利になるのか・・・

 

その答えは・・・

 

 

確かに1次相続の時の相続税は0円です。

 

しかし、

問題なのは、2次相続の相続税です。

 

この2次相続の相続税がどうなるかというと・・・・

 

 

とんでもなく高くなるんです!!!

 

 

 

2次相続の時の方が、相続税は割高になります

2次相続は要注意

1次相続と2次相続を経て、夫婦で持っている財産は、全て次の代に引き継がれていきます。

 

 

ここで知っていただきたい非常に大切なポイントは・・・

 

2次相続の時の方が、相続税は割高になる

 

ということです。

なぜ、2次相続の時の方が割高になるのか・・・・

理由は2つあります。

相続税の税率の仕組み

出典:国税庁ホームページ

一つ目の理由は、相続税の税率の仕組みに原因があります。

 

相続税の税率は、財産が増えれば増えるほど、その税率もあがる、超過累進税率という構造がとられています。

 

最低は10%から最高は55%までの税率があります。

 

ここでポイントになるのが、奥様がもとから所有している財産です。

 

奥様も奥様で、固有の財産を持っている方は大勢います。

 

奥様が現役時代に働いて貯めたお金かもしれませんし、奥様が奥様のご両親から相続した財産かもしれません。

 

既に奥様にも財産がある状態で、ご主人様の全財産を奥様が相続すると、1次相続での相続税は0円ですが、2次相続の時には、奥様は非常に多くの財産を所有していることになります。

 

この状態で2次相続の相続税を計算すると、相続税の税率が高くなってしまうのです!

まとめて相続させると税率が高くなる

夫婦間で相続させすぎると2次相続の財産額が大きくなってしまう。

財産額が増えると、税率が高くなってしまう。

これが一つ目の理由です。

 

 

 

2つ目の理由は相続人の数

実は、2つ目の理由の方が圧倒的に影響が大きいです。

 

その理由は、相続人の人数に原因があります。

 

先ほどのご家族におかれましては、1次相続の相続人は何人いましたでしょうか?

1次相続

 

 

 

相続人は3人です。

 

 

 

 

 

 

それでは2次相続の時は、相続人は何人になりますでしょうか?

2次相続では2人

相続人は2人になります。

 

 

相続人の数が1人減るのです。

 

この相続人が1人減る

ということが、相続税を大幅に増加させる最大の原因です。

 

ここでは詳しくお伝えしませんが、相続税の計算は、相続人の人数に基づいて計算されています。

 

ここで重要なポイントは、

 

相続税は、相続人が多くなるほど、税額は少なくなる

 

という性質を持っていることです。

 

裏を返すと、相続税は、相続人の数が1人減るだけで、跳ね上がるという性質を持っているのです。

2つの理由が組み合わさると・・・

この2つの理由が組み合わさると、どれだけ相続税が高くなってしまうか、実験してみましょう。

 

例えば、1億円の財産をもった父と、5千万円の財産をもった母、子供が2人いるご家族だったとしましょう。

 

夫婦間でまったく相続しなかった場合(0%)から夫婦間で全て相続した場合(100%)の相続税の推移は次のようになります。

1次相続では、妻が全く相続しない場合の相続税は630万円ですが、全て相続した場合には相続税は0円です。

 

一方で、2次相続では、妻が全く相続しなかった場合の相続税は80万円ですが、全て相続した場合には相続税は1840万円です。

 

1次2次を合計すると、0%と100%で3倍近く差が開くことがお分かりになると思います。

 

夫婦間の相続では相続税がかからないからといって、必要以上の財産を渡し過ぎてしまうと、次の相続で、非常に高い相続税の負担が発生してしまう可能性があります。

 

しかし、実際には残された方が今後どれだけ財産を使うかによって、上記の結果は変わってきます。

 

そのため、夫婦間でどれだけ相続させあうかは、慎重に考えなければいけないのです。

 

まとめ

夫婦間の相続においては最低でも1億6千万円まで相続税はかかりません。

 

ですが、節税対策になると思って、必要以上に相続させすぎると次の相続で非常に割高な相続税を払うことになります。

 

私がいつもアドバイスさせていただいているのは、「1次相続では、奥様が今後これだけあれば安心して暮らしていける、と思える金額を相続してください。」とお伝えしています。

 

確かに相続税のことも大切ですが、一番大切なのは、残された方の今後の生活です。

 

いずれにしても夫婦間の相続というのは税金のことまで考えて慎重に検討する必要がありますね。

遺言書の作成や、遺産分割のご相談、いつでもお受けしています♪是非お気軽にご連絡ください!

 

この記事も読まれています

婚姻20年の夫婦が使える贈与の特例は不利に?

自宅は8割引きで相続できる小規模宅地の特例とは?

遺言書を残すなら遺留分のことだけは必ず知っておいて

【無料会員登録】楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪

1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

会員登録はこちら(無料)

相続税に強い税理士を選ぶための5つのポイント

相続税は、担当する税理士の腕と経験によって何倍にも変わる恐ろしい税金です。費用や報酬だけで税理士を選ぶのではなく、実力を見極める5つの判断基準を解説しました。慎重に税理士を選びたい人だけご覧ください。

面談のご予約はいつでもお気軽にご連絡ください。

税理士の大田と申します。

電話によるご相談は会員限定です
   ※新規会員登録はこちら(無料)

ご相談者専用ダイヤル 晴れ・福福

0120-80-2929

お電話対応可能時間: 

平日 9:00〜21:00

土曜 9:00~18:00

【無料会員登録】
楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪
1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

【重要な税制改正】
平成30年4月より小規模宅地等の特例が変わります

平成30年4月より小規模宅地等の特例のうち、いわゆる家なき子特例が変わります。両親と別居している方は必ずチェックしてください!

【大人気】
家族信託コンサルティング

認知症対策として家族信託を活用する方が急増しています。弊社は、相続税対策と家族信託を一緒にアドバイスできる日本唯一の事務所です。是非お気軽にご相談ください♪家族信託について詳しく知りたい方はこちら

おかげさまで大好評!
相続税セミナー

1月のセミナー開催決定しております。先着順につきお早めにお申し込みください!

サイドメニュー