• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 相続財産にNISA(積立NISA)がある場合【NISA口座の相続手続き】

ご質問頂き、ありがとうございます!税理士の枡塚です!

NISA口座の相続手続きについてご説明させて頂きます!

NISA口座は、相続人がNISA口座を所有しているか否かに関係なく、相続が開始した時点で払出がされてしまいます。

つまり、相続人がNISA口座を既に持っている場合であっても、相続発生後に新たに開設した場合であっても、

そちらに移管することはできません。

それでは、被相続人のNISA口座に入っていて、亡くなったことにより払出がされた株式等はどこで受け入れるのかという問題ですが、こちらは相続人の特定口座か一般口座で受け入れることになります。

そのため、亡くなった日以降に受け取った配当金等は非課税にならず、

また、一般的に、取得日や取得価額は引き継がれるというイメージがありますが、

NISA口座から受け入れた株式等の取得日は相続発生日になり、取得価額は相続発生日の時価になります。

つまり、相続が開始した時点で、NISAは終了し、相続人が新たにそれら株式等を購入したというような形式がとられるということです。

ご参考になれば幸いです♪

※被相続人が亡くなった時点で、値上がり益(購入した金額と亡くなった時点で払出がされた金額との差額)があれば、そちらは非課税となります。

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。