こんにちは、税理士の枡塚です!

ご質問頂き、ありがとうございます!

遺言書については、もちろん安全で確実な公正証書による作成が望ましいと考えます。

公正証書遺言の作り方については、こちらで詳しく解説をしています。

自筆の場合であっても、2020年7月からスタートした『遺言書の保管制度』を利用するのもおすすめです♪

また、お孫様への遺贈についての注意点は下記の通りです♪

・2割加算

ただし、こちらの記事中の【対策1】のように、資産家の方であれば、今回のように子供を飛ばして、孫に相続させた方が有利になるケースもあります。

・分割困難な不動産については、相続後に利害が対立することがないように配慮をする

例えば、一つの物件を長男と長男の孫との共有とするといった方法です。この場合、長男が亡くなった後、長男の孫へと当該物件の所有権がうつるため、権利関係が複雑になることを防ぐことが可能です。

・未成年の孫への遺贈は原則、その父母が管理をする

もしも、父母が財産を費消してしまうことが心配であれば、その財産の管理権者についても、遺言書に明記しておく

ご参考になれば、幸いです♪

また、お孫様を養子にした場合には、手続きが増大するリスクもあります。

お孫様への財産の承継は検討することがたくさんありますね!

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

税務調査で最も指摘される名義預金の問題と対策法を解説しました

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。