円満相続税理士法人

〒107-0062 東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア2F (青山一丁目駅徒歩1分)

平日20時、土曜18時まで営業しております

0120-80-2929

非上場株式の売却は20%の税金!取得価格不明や節税方法の解説

【この記事の執筆者】

相続税の研究を愛する相続専門の税理士。23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。円満相続税理士法人の代表を務める。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。相続専門の税理士の橘です。

 

経営者のみなさん。もし、あなたの株式を誰かに売却した場合に、どのような税金がかかるかご存知でしょうか?

 

事業承継を考えるうえで、株式の売却にかかる税金の取り扱いを理解しておくことは大切なことです。

 

 

 

最近では、後継者が見つからないことを理由に、会社を第三者に売却するという選択肢(いわゆるMA)を考える経営者さんが増えました。会社を売却する、ということは厳密にいうと、会社の株式を売却する、ということです。

 

第三者に株式を売却した場合に限らず、例えば、親族の間で売却をしたり、会社の役員たちに売却したりすることも想定されますが、いずれにしても、株式を売却した場合には、多額の税金の負担が発生することがあります。

 

 

今回は、株式を売却した場合の税金の取り扱いについて解説していきます。

  

株式の売却は一律20%の所得税がかかります

株式を売却したことによって、儲けがでた場合には、その儲けに対して一律20.315%の税金がかかります。正確に言うと、15.315%の所得税と、5%の住民税です。

 

証券会社などを通して、上場企業の株式に投資をしている場合には、儲けがでたとしても、証券会社の口座で、これらの税金を天引きしてくれますが、上場していない会社の株式を売却した場合には、自分で確定申告をしたうえで、納税をしなければいけません。

 

ここでいう、「儲け」の考え方について解説します。

 

株式を売却したことによる儲けとは、売却した代金から、その株式を取得するためにかかった金額を引いた金額となります。

 

例えば、もともと500万で取得した株式が、1億円で売却できたとします。そうすると、1億円から500万円を引いた9500万円が、株式を売却したことによる儲け、ということになります。この儲けに20%の税金が課税されることになります。

 

その株式を取得するためにかかった費用の考え方は、株式を取得した経緯によって、次の通りに考えます。

 

1.会社に出資して株式を取得した場合・・・・・・・出資した金額

2.他の株主から株式を購入して取得した場合・・・・購入した金額

1と2はシンプルなのでわかりやすいと思います。間違いが起こりやすいのは相続や贈与で取得した時の考え方です。相続や贈与で取得した場合には、もともとの所有者の取得した金額が引き継がれます。相続や贈与の時の時価ではありませんので注意が必要です。

このような取り扱いですと、当然、次のような人が現れます。

 

 

このような場合には、会社の経理部の人たちと協力して、過去の出資者の履歴や、株主の変更の履歴などを探して金額を明確にするしかありません。明確にできないと、非常に不利な取り扱いを受けます。

 

取得した金額がわからない場合には、売却した金額の5%で購入したものとみなされます。例えば、1億円で売却した場合には、1億円の5%である500万円で取得したものとみなされて、9500万円に所得税が課税されてしまいます!

 

「いやいや、そんなに安く取得したことはないと思いますよ」という場合であっても、取得費が不明な場合には、このように取り扱われてしまうのです。そのため、いくらで取得したかは、しっかりとわかるようにしておかなければいけないのですね。

 

ちなみに、不動産を相続した時にも同じ論点がでてきます。こちらのブログにまとめましたので、興味のある方は読んでみてくださいね。

不動産の購入金額がわからないと大変なことに?

相続した不動産を売却した時の税金の計算方法をご存知ですか?亡くなった人がいくらでその不動産を購入したかが不明の場合には、とんでもなく高額な税金が請求されます。不動産の売買契約書は必ず残しておきましょう!

このようにして、株式の売却代金と、株式を取得した金額を比べて、儲けがでれば20%の税金がかかるというわけです。シンプルですよね。

 

 

時価とかけ離れた金額で売却すると贈与税が課税されます

第三者に株式を売却するM&Aのような場合には、売り主はできるだけ高く売りたいですし、買い主はできるだけ安く買いたいですよね。

 

この2つの相反する気持ちがあるので、お互いに交渉や、取引条件に間違いがないかなどを慎重に慎重を重ねて売買金額が決まるのです。

 

 一方で、これがもし親子の間だったらどうでしょうか?

 

 

と、考えたりしませんか?

 

第三者の時と違って、「子供だし、安く売ってあげてもいいだろう」という気持ちが入る可能性は非常に高いです。

 

では、このようなシチュエーションで、株式の時価を無視して好き勝手に売却金額を決めてしまうと、どのようなことが起こると思いますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

正解は・・・

 

株式の時価と、実際の売却代金との差額について、贈与税が課税されます!

 

例えば、時価1億円の株式を子供に対して1000万円で売却したとします。この場合には、差額の9000万円に対して贈与税が課税されてしまうのです。

 

この時に、気になるのが株式の時価の考え方です。株式の時価の考え方には、非常に多くの考え方がありますが、個人間で株式の売買をする際にベースとなる株式の時価は、相続税の評価額をベースにして問題ありません。

 

いずれにしても、親族や従業員だからといって、自由に売却代金を決めると大変なことになってしまうと知っておきましょう。株式の時価の考え方については、また別の記事で紹介しますね。

 

 

株式の評価方法の日本一わかりやすい解説

「非上場株式の相続税評価額は、配当還元方式・純資産価額方式・類似業種比準価額方式の3つから計算します」って!専門用語が多すぎて訳わからん!!という方に朗報です。イラストをたくさん使いながら、日本一わかりやすく株式の評価を解説しました♪これでわからなければ諦めてください!

株式の売却益と、株式の売却損は相殺できる

株式を売却して儲けがでた場合には、そこに20%の税金がかかります。

 

しかし、もし、儲けがでたのと同じ年に、株式を売却して損失がでた場合には、その儲けと損失は、相殺することが可能です!つまり支払う税金が安く済むのです。

 

 

例えば、A社の株式を売却して1億円の儲けがでたとしら、本来、1億円の20%である2000万円を税金として支払わなければいけません。ただ、同じ年にB社の株式を売却して4000万円の損失が発生したとします。

そうすると、1億円の儲けと、4000万円の損を相殺することができますので、儲けは6000万円としていいのです。6000万円の20%は1200万ですので、先ほどよりも800万円も税金が減った計算になります。

恐らくここで気になるのは、上場していない会社の株式(あなたが経営している会社の株式)の売却益と、あなたが証券会社などで運用している上場会社の株式の売却損を、相殺できないか?ということだと思います。

 

 

これ、答えはNO!なんです。

 

 

実は、一昔前まではできたんです。平成28年の税制改正によって、上場していない会社の株式の売却益は、上場していない会社の売却損としか相殺できなくなりました。それまでは、上場していようと、いないと相殺できたんですけどね。

 

 

もし、あなたが2社の株式を持っていた、片方は売却益がでて、片方は売却損がでるような場合には、同じ年に売却をすると相殺ができるので、そうしたほうがお得です。ポイントは、「同じ年に」というところです。同じ年の売却でないと相殺できません。これで手取額が何千万と変わることもありますので、売却時期については慎重に考えないといけないですね。

 

上場している会社の株式で損失が発生した場合には、その年から3年間、損失を繰り越す制度がありますが、上場していない会社の株式には、そのような制度はありません。同じ年に売却することが必須です。

 

 

 

まとめ

株式の売却についての取り扱いは、そこまで難しくなかったですよね。

 

ただ、これから事業承継を検討するにあたっては、ここの論点もしっかりと抑えておく必要があるのです。

 

ポイントとしては、売却代金から株式を取得した金額を引いた儲け部分に20%の税金がかかるということと、親族間や従業員に対してだからといって、好き勝手な売却金額で取引すると、時価との差額に贈与税が課税されるということですね。

【無料会員登録】楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪

1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

会員登録はこちら(無料)

無料相談やりません!私達が有料相談にこだわる2つの想い

私達、円満相続税理士法人では、相続発生前の生前対策のご相談は、初回面談から1時間当たり2万1600円のご相談料を頂戴しております。無料相談とせず、有料の相談にしているのには、この仕事に懸ける熱い想いがあるからです!

相続税に強い税理士を選ぶための5つのポイント

相続税は、担当する税理士の腕と経験によって何倍にも変わる恐ろしい税金です。費用や報酬だけで税理士を選ぶのではなく、実力を見極める5つの判断基準を解説しました。慎重に税理士を選びたい人だけご覧ください。

面談のご予約はいつでもお気軽にご連絡ください。

ご予約なしでの税務相談は受け付けておりません。
面談のご予約や、サービス内容の問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。

ご相談者専用ダイヤル 晴れ・福福

0120-80-2929

お電話対応可能時間: 

平日 9:00〜21:00

土曜 9:00~18:00

【久しぶりにやります!】
相続セミナー開催

久しぶりに相続セミナーを開催します!
【1】不動産は売却方法や売却するタイミングによって手取額が大きく変わります。これらを網羅的に解説した賢い相続不動産売却セミナー
【2】遺産分割調停の全容を、元裁判官や元調停委員を中心とした団体である一般社団法人ILCと共催で解説する寸劇で丸わかり!遺産分割調停の全て解説セミナー
ご興味ある方は、どんどんお申込みくださいませ♪

【無料会員登録】
楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪
1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

【新連載】
事業承継の学校

非常に多くのリクエストにお応えし、事業承継を体系的に解説したブログを連載していきます♪平成30年に始まった新事業承継税制の解説だけでなく、株式の評価方法やM&Aについても解説していきます。乞うご期待!

サイドメニュー