こんにちは、税理士の枡塚です。

ご質問頂き、ありがとうございます!

今回、ご質問頂きました契約内容は、あまり見受けない珍しいパターンかと思います。

契約者:父、被保険者:家族3名、死亡保険金受取人:父、生存給付金受取人:家族3名

このような場合、まず相続税の計算においては、みなし財産ではなく、『本来の財産』として相続時点の解約返戻金相当額をもって計上します。

(今回は、お子様がお一人なので、心配ありませんが、みなしではなく、本来の財産ですので、相続人間で遺産分割協議が必要になります)

なお、みなしではないので、もちろん生命保険金の非課税の適用もありません。

ご質問頂きました内容についてですが、

①はご認識頂いている通りかと思います。

②については、解約返戻金と払込保険料の額との差額が相続人の一時所得として課税されます。

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

ストップ増税!相続、贈与の一体化とは?

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

メルマガ or LINE公式アカウント登録で
1万円値引きキャンペーン実施中!

※当キャンペーンは予告なく終了しますが、今ご登録いただいた方は、未来永劫1万円割引の対象となります。

メールマガジン登録

氏名
メールアドレス
年代
都道府県
当サイトの個人情報の取り扱いについて

同意する

LINE公式アカウント登録

友達追加する

※メルマガとLINE公式アカウントは違う情報を配信しております。

さらに今なら下記のプレゼントを進呈中!