• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 固定資産税の課税明細がない場合の建物の評価について

ご質問頂き、ありがとうございます。

税理士の枡塚です♪

登記されているにも関わらず、課税明細に載ってこないとは珍しいパターンですね!

単純に漏れているだけでしょうか。

このような場合、弊社では念のため、「名寄帳」を取得します。

名寄帳とは、その市区町村に所有している全ての物件を照会してくれる証明書のことをいいます。

家屋だと考えにくいですが、土地の場合には、課税明細に載っていないが、名寄せには載ってくるということがよくあります。(公衆用道路などの用に供されていて、課税はされていないので、課税明細には載っていないが、所有している物件を全て照会してくれる名寄せでは、明らかになるということがあります)

名寄帳の取得にも手数料がかかりますが、一度ご検討ください(200円や300円です)。

それでも、評価額がわからない場合には、国税庁HPにある「増改築等に係る家屋の状況に応じた固定資産税評価額が付されていない家屋の評価」に準じて評価するしかないかと考えられます。

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。