• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 埋蔵文化財につき【埋蔵文化財包蔵地の相続税評価】

ご質問頂き、ありがとうございます!税理士の枡塚です♪

埋蔵文化財包蔵地の相続税評価は、土壌汚染地の評価に準じて、

埋蔵文化財がないものとした場合の相続税評価額-発掘調査費用相当額×80%

で評価をします。

財産評価基本通達で明確にされているわけではありませんが、

埋蔵文化財包蔵地の全てがこの評価ができるわけではありません。

過去の不服審判所の見解を見ていると、

発掘調査費用の額そのものが争点になっているというより、

”発掘調査費用を土地所有者が負担することが確実か否か”がポイントになっているようです。

発掘調査費用は、通常、その土地を開発するとか、建物を建築するといった場合に、

開発行為や建築許可の申請によって生じるものです。

相続開始時点でそのような行為がないのであれば、直ちに負担する必要がないため、

相続税評価額から控除することは合理性がないと考えられているようです。

評価減ができるケースであれば、見積書等の文章が必ず必要なわけではないですが、

市区町村からのヒアリング結果をしっかりと記録に残しておく必要があるかと存じます。

ただし、平成20年以降の事例においては、ほとんど評価減が認められていません。

意外とハードルの高い評価減のようです。

また、直ちに負担する必要があり、評価減が可能な場合であっても、

路線価の算定において、既に、埋蔵文化財包蔵地の減額が考慮されている可能性もあります。

この場合は、発掘調査費用を控除することはできませんので、

是非、周辺の路線価と比較をしてみて頂ければと存じます。

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。