• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 小規模宅地等の評価減~貸付事業用宅地等~

ご質問頂き、ありがとうございます!

税理士の枡塚です。

ご認識頂いている通り、生計を一にする親族の事業(不動産賃貸業などの準事業を含む)の用に供されていた建物の敷地は、小規模宅地等の評価減の対象となります。

その宅地等の上で営まれる事業が不動産賃貸業に該当する場合には、

所有継続要件等の他の一定の要件を満たしたときは、50%評価減の適用対象です。

アパート建物所有者である子供と土地所有者である推定被相続人の間で、地代のやり取りをしていない使用貸借になると思いますが、この場合、土地の評価は自用地評価となり、小規模宅地等の50%引きを適用します。

評価と小規模で少し矛盾を感じますが、上記の取扱いとなりますので、ご注意ください。

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。