ご質問頂き、ありがとうございます!

税理士の枡塚です♪

評価会社が有する資産の中に、課税時期前3年以内に取得した土地等があるときは、「通常の取引価額」に相当する金額によって評価することになります。

上記の取扱いは、「時価」の算定上、これらの土地等についてわざわざ路線価等によって評価替えを行うことは、課税時期の直前に取得し、「時価」が明らかになっているのであるから適切ではないという考え方によるものです。

ご質問頂きましたように、従前から所有している土地の隣に一体評価となるべく土地を購入した場合であっても、3年以内に取得した土地については、「通常の取引価額」によって評価します。

ちなみに、従前から所有している建物に、3年以内に増築をした場合であっても、

・旧建物については、固定資産税評価額に基づいて評価

・増築部分については、「通常の取引価額」に基づいて評価

と切り離して評価額を算定します。

また、3年以内の取得か否かは、直前期末ではなく、課税時期を基準として判定を行いますので、ご注意ください!

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。