【税務調査対策】相続前のリフォーム・修繕も相続税申告する?評価は?

税理士 桑田悠子

【この記事の執筆者】

相続・事業承継の奥深い世界にはまった相続税マニアの税理士。日々お客様のお役に立てるよう精進しております。

 

こちらのページでは、相続税の最新情報や、節税知識を読みやすい短文でお伝えします!

詳しいプロフィールはこちら

お亡くなりになる前に行ったリフォーム代も相続税申告で計上するって本当?

皆さま、こんにちは。

相続専門税理士の桑田です!

 

本日は「相続発生前に行ったリフォーム代は、相続申告で計上する?」についてです!

 

どうでしょうか?申告は必要でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「資産価値が増える支出は、一定の方法で計算した金額を計上する」です!

 

資産価値が増える支出(資本的支出)とは、従前の設備よりも豪華にするリフォーム等です。

一方で、資本的支出ではない支出(修繕費)は、修理等の原状回復です。

 

【一定の計算方法】

{リフォーム代△(リフォーム代×90%×経過年数÷耐用年数)}×70%

 

なお、もしそのリフォーム代が固定資産税の課税明細書に追加で計上されている場合には、そちらで計上しますので、上記お話からは除外されます。

 

このように相続開始前のリフォームには注意が必要ですが、預貯金よりも、リフォーム後の資産で相続された方が、相続税対策になります。

 

リフォームする予定がある方は、生前にご自身の所有される不動産に対して、リフォームされることをオススメします。

 

このようなリフォーム予定や取り壊し予定の方は、ぜひ相続税への影響がどうなるのかご相談ください♪

 

 

 

計上しなくてもバレないでしょ?と思う方・・・バレます!

なお、資産価値が増えるようなリフォームをした場合でも、「計上しなくても税務署へバレないでしょ?」と思われる方もいらっしゃいますが、残念ながら、税務署は見逃しません!

 

税務調査が入ると、お亡くなりになる前10年分の通帳を税務署の担当者がくまなくチェックします。

 

例えば、その通帳に「20XX年 X月 X日 田中工務店 2,160,000円」という記帳があれば、「この修繕の内容は何ですか?」と必ず聞かれます。

 

そこで、物置を増設していたり、高級なキッチンに変えていたり、資産価値が上昇するような内容であった場合には、間違いなく修正申告&過少申告加算税です。

 

このように、税務署はあらゆる手段で発見してきますので、あらかじめ申告をしておきましょう。

 

また、税理士によっては過去の通帳をチェックせずに、このような税務署から絶対に聞かれるであろう情報も見落としている人もいるようです。

相続税申告をする場合には、ぜひ「相続専門」の税理士に依頼されることをオススメします。

 

以上、相続専門税理士の桑田でした!

 

 

★★★相続税の税務調査のポイントまとめ

相続税の税務調査は約4人に1人が選ばれます。さらに、追徴課税となる確率は82%です!そんな恐ろしい税務調査ですが、実は問題になることは決まっているのです。何が問題になるか、そしてその対策を解説しました。

★★★税務調査が省略される書面添付制度とは?

書面添付制度という制度があるのを知っていますか?この制度を利用すると、税務調査が行われる可能性が、ぐーんと少なくなります。ただし、税理士にとっては懲戒処分になるリスクがあるので、あまり教えたがらず、なかなか普及していない制度です。そんな書面添付制度について解説しました。

生命保険金の受取人を解説

相続法改正とは?日本一わかりやすい民法改正セミナー

2019年、業界に衝撃を与える相続法の改正が行われました(民法の中の相続についての規定を「相続法」と呼んでいます)。

 

これからの相続を考えるうえで、知らないとあまりに勿体ないことが沢山あります!

 

「そもそも民法って何?」という基本のキから、改正条文も踏まえて、大切なポイントを中心に、分かりやすく解説します。

 

まとめサイトに大量に流れる「中身の薄い情報」で安心していませんか?

「ホンモノの情報」に触れていますか?

 

どんな情報も「誰」から「どのように」学ぶかが大切です。

このセミナーでは相続マニアの税理士桑田が、お客様の質問に随時お応えしながら、毎回オリジナル要素ありで進行します。

 

【セミナー情報も更新中】

LINE@はこちら

【メルマガ】楽しく相続税を学ぶ会【LINE@】

税制改正などの最新情報をタイムリーに配信中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪※登録無料です

  1. 会員限定相続セミナーご招待
  2. 実際にあった相続失敗事例集
  3. 贈与契約書のひな型
  4. 贈与税が簡単に計算できるエクセル
  5. 今話題の配偶者居住権を簡単に計算できるエクセル

メルマガ登録はこちら

※メルマガとLINE@は違う情報を配信しています!両方ともご登録頂ければ嬉しいです!

【東京・大阪】円満相続塾【10月開講】

相続のプロを目指すあなたに!3ヶ月で実践的な相続実務を学べる塾を開講します♪

相続税に強い税理士を選ぶための5つのポイント

相続税は、担当する税理士の腕と経験によって何倍にも変わる恐ろしい税金です。費用や報酬だけで税理士を選ぶのではなく、実力を見極める5つの判断基準を解説しました。慎重に税理士を選びたい人だけご覧ください。

【初回面談無料】相続税申告のお問い合わせはこちら

面談のご予約や、サービス内容の問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。

※ご予約なしでの税務相談は受け付けておりません。
※相続発生前の生前対策の無料相談は行っておりません。
(生前対策のご相談料 2万円(税抜)/1時間)

ご相談者専用ダイヤル 晴れ・福福

0120-80-2929

お電話対応可能時間: 

平日 9:00〜21:00

土曜 9:00~18:00

YouTubeによる情報発信を頑張っております♪チャンネル登録していただけると大変うれしいです!※チャンネル登録とは、お気に入り登録のようなもので、完全無料です(新着動画の通知がきます)。左上の丸い写真のアイコンを押すと、チャンネル登録ボタンがでてきますので、ぽちっとお願いします!

【メルマガ&LINE@】
楽しく相続税を学ぶ会
(無料です♪)

税制改正などの最新情報をタイムリーに配信中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪
1会員限定セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5今話題の配偶者居住権を簡単に計算できるエクセルシート

※メルマガとLINE@は違う内容を配信しますので、両方ご登録頂ければ嬉しいです(^^)

【7月27日】残数1席!
相続不動産売却セミナー

 「相続する不動産の売却を考えているけれども、どのようにしたら税金が一番安く済むんだろう」「そもそも不動産を売却した時にはどれくらい税金がかかるのだろう」と疑問をお持ちの方にうってつけのセミナーです!数百万、数千万円手取り額の変わる不動産売却手法をお伝えします!

【7月18日】
専門家向け相続アドバイスの失敗全集セミナー!

※未公開ノウハウ「専門家向け相続税の失敗全集テキスト」贈呈。

先着30名です!

相続ビジネスに携わっている皆さま!専門家が陥りがちな失敗例をご説明します。既にお持ちの知識をパワーアップさせて、相続ビジネスやご自身のお話にご活用ください!

【8月1日】残10席!
相続法改正セミナー
(民法改正)懇親会あり

※未公開ノウハウ「日本一わかりやすい相続法改正テキスト」贈呈中♪
(DVDも発売中です!)

民法のうち相続について書かれている「相続法」が40年ぶりに大きく改正されました!あなたの頭に、最新の相続法を刷り込みます。

【円満相続塾】
東京・大阪開催
10月開講募集開始

相続のプロを目指すあなたに!3ヶ月で実践的な相続実務を学べる塾を開講します♪

【7月22日】
ライフプランナー
向けセミナー
(懇親会あり)

ライフプランの提案に欠かせない生きた税務の知識を、実際の税務調査の話を交えながらお伝えします!

YouTubeで解説してほしい
テーマを募集しています

知りたい情報に関するキーワードを入力してください↓

サイドメニュー