• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 法人株主から自己株式を取得する場合の評価

ご質問頂き、ありがとうございます!

税理士の枡塚です♪

法人株主から自己株式を取得する場合、個人株主からと同様に、「純然たる第三者間において種々の経済性を考慮して取引価額が決定されるときは、その取引価額」が時価として認められます。

その法人株主が発行会社の親会社や主要取引先である場合など、発行会社にとって純然たる第三者と言えない場合が多くあります。そのような場合には、法人税基本通達9-1-13・9-1-14により評価をした価額を時価とすることとされています。

この通達は、所得税法基本通達と若干異なりますので、注意が必要です。

①売買実例についてです。

法人税法基本通達では、採用すべき時価を「前6か月において売買されたもののうち、適正と認められる価額」とされていてます。従業員同士の取引価額が法人間でも適正と認められるものであれば、こちらを採用することもできるかもしれません。

②同族判定を行う時点についてです。

法人税法基本通達では、「株式譲渡後」に判定するのに対し、所得税法基本通達では「株式譲渡直前」に判定することとされています。(見解が分かれるところでもあります。)

これらを踏まえて、同族判定を行い、通達に基づいて時価の算定を行うことになります。

一般的なご回答で大変恐縮ですが、具体的な取引価額の算定につきましては、個別相談も行っておりますので、ご検討頂ければ幸いです♪

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

ストップ増税!相続、贈与の一体化とは?

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

メルマガ or LINE公式アカウント登録で
1万円値引きキャンペーン実施中!

※当キャンペーンは予告なく終了しますが、今ご登録いただいた方は、未来永劫1万円割引の対象となります。

メールマガジン登録

氏名
メールアドレス
年代
都道府県
当サイトの個人情報の取り扱いについて

同意する

LINE公式アカウント登録

友達追加する

※メルマガとLINE公式アカウントは違う情報を配信しております。

さらに今なら下記のプレゼントを進呈中!