• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 課税時期が直後期末に近い場合の非上場株式の評価

ご質問頂き、ありがとうございます!

税理士の枡塚です♪

課税時期が直後期末に非常に近く、課税時期から直後期末までの間に資産および負債の金額について著しい増減がないと認められる場合には、直後期末の各資産および負債の金額により計算しても差し支えないとされています。

この、直後期末が選択できるのは、純資産価額方式のみです。

類似業種比準価額は直前期末に限定されています。

また、ご質問頂きましたケースでは、決算日の2週間程前にお亡くなりになったとのことですので、考え難いですが、一般的には、直後期末は被相続人の死亡後、会社が所有する不動産を時価より低い価額で処分するなどして意図的に資産を減らしたりと操作ができることから、直後期末の採用にあたっては、慎重に行う必要があります。

ご参考になれば幸いです♪

ご質問はこちらから♪相続を本気で学ぶコミュニティに参加しませんか?(^^)/

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。