海外財産への監視強化!国外財産調書を出さないと刑事告発されちゃうよ!

「国外財産調書」という書類を知っていますか?

この書類は日本に住んでいて、年末に海外財産を「5000万円超」持っている人が、その内容を書いて税務署へ提出する「義務」があるものです。

ただ、この提出をしていない人が多いことが問題となっていました!

そこで遂に国税が動き提出していなかった会社役員男性が刑事告発されました!※不提出や虚偽記載の罰:「1年以下の懲役」や「50万円以下の罰金」

近年、国税はあの手この手で海外財産の把握に力を入れています。世界各国の口座情報が自動交換されるシステム(CRS)もスタートしました!

海外財産を使った脱税はいずれ塞がれます…適法に円満な方法で対策しましょう(^^)

国外財産調書を出さないと刑事告発される
日本経済新聞より抜粋

ご不安のある方はお早めにご相談くださいませ♪

また、私たちのLINE公式アカウントに登録していただいた方には、税務調査のマル秘話や贈与契約書のひな型をプレゼント中です(*^-^*)無料ですので、是非、ご登録をお願いします♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

死亡直後にやってはいけない相続手続き6選

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

LINE公式アカウント登録

友達追加する

弊社の個人情報保護体制は、
Pマーク認定を取得しています

円満相続税理士法人は、プライバシーマーク取得法人として、個人情報保護体制に万全を期しております。税理士法人として固い守秘義務もありますので、安心してご相談ください。