円満相続税理士法人

〒107-0062 東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア2F (青山一丁目駅徒歩1分)

平日20時、土曜18時まで営業しております

0120-80-2929

相続時精算課税制度とは何か日本一わかりやすく解説しました

相続時精算課税制度とは

【この記事の執筆者】

相続税の研究を愛する相続専門の税理士。23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。円満相続税理士法人の代表を務める。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、相続税専門の税理士の橘です。

贈与税がなんと!2500万も非課税になる制度があるのをご存知ですか?!

 

通常の生前贈与では年間110万までしか非課税になりません。それと比べると非常に太っ腹な制度だと思いますよね?

 

一見お得そうに見える制度なのですが・・・

 

 

実は、この制度は使ってもまったく節税にはならないのです。

 

むしろ、使わない方が節税になります。

 

この制度は節税になるのではなく、税金の支払いを将来に先延ばしにすることのできる制度なのです。

そのメカニズムをイラストを使いながら解説しました。

 

 

そもそも相続時精算課税制度はどんな制度なの?

まずは、そもそも相続時精算課税制度とはどういった制度なのかということをお伝えしていきます。

 

この制度は一言でいうと、「生前贈与をするときは2500万円まで贈与税を非課税にしますが、贈与した人が亡くなった時には、その人の遺産だけでなく、過去に生前贈与した財産も一緒に、相続税を課税しますよ」という制度です。

 

 

 

 

わかりづらいと思いますので、事例を使って解説します。

 

 

例えば、平成25年の時点で1億円持っている甲さんという人がいたとします。

 

 

この甲さんが、相続時精算課税制度を使って、子供に2500万円を贈与したとします。この時に贈与税は1円もかかりません。2500万まで非課税ですので。

 

贈与をした後、甲さんの手元には、いくらの財産が残っていますでしょうか?

 

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

7500万円ですよね。1億円から贈与した2500万を引けば、7500万となります。

相続時精算課税

その後、時は流れ、平成29年になりました。

悲しいことに、この甲さんはお亡くなりになってしまいます。

 

 

この時に、甲さんの手元に残っていた遺産はいくらかというと、7500万円です。

 

 

 

では、この7500万に相続税がかかるのかと思いきや・・・

 

ここで出てくるのが、相続時精算課税制度です!!

 

相続時精算課税制度を使って生前贈与した財産は、2500万まで贈与税が非課税になります。

 

しかし、その人が亡くなってしまった時には、手元の財産だけではなく、この相続時精算課税制度を使って贈与した財産も含めて相続税を計算しなければいけません。

 

 

つまり先ほどの甲さんにおかれましては、手元の財産7500万と相続時精算課税制度を使って贈与した財産2500万を足した、1億円に対して相続税が課税されるというわけです。

2500万まで非課税」と書かれているのでお得そうに見えますが、結局、最終的には相続税が課税されます。非課税にはなっていないのです。

 

ここで、この制度の名前をもう一度よくご覧ください。

 

 

相続時精算課税制度

 

 

この制度は、【贈与をする時は贈与税を非課税にしますが、相続がおきたには、非課税にした分を精算して課税する制度】という意味なのです。

 

つまり、贈与税が非課税になるだけであって、相続税は課税されますので、節税というわけではなく、税金の先送り、というのが実態です。

 

 

最大の注意点は、自動継続であることです

相続時精算課税制度の一番恐いポイントは、一度この制度を選択すると、永久にこの制度が継続される点にあります。

 

 

ここも難しいポイントですので、事例を使って解説します。

 

 

例えば、先ほどの1億円もっている甲さん。平成25年に相続時精算課税制度を使って1000万円を贈与したとします。

 

2500万の非課税枠に収まりますので、当然この時、贈与税は課税されません。

 

その後、甲さんは平成26年に、再び1000万円を贈与しました。

 

この場合、どのような取り扱いがあると思いますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・・

 

この1000万円も贈与税が非課税とされるのです。

 

考え方としては、平成25年に贈与をした1000万と、平成26年に贈与した1000万を合計した2000万という金額は、相続時精算課税制度の非課税枠2500万に収まりますので、贈与税は非課税とされるわけです。

 

 

この相続時精算課税制度における2500万の非課税枠の考え方は、1度きりに使えるのではなく、一生の累計額で使える金額なのです。

 

 

確かに贈与税は非課税となりますが、先ほどの甲さんが亡くなった時には、平成25年に贈与した1000万も、平成26年に贈与した1000万にも相続税が課税されることになります。

相続時精算課税

110万の非課税枠が一生使えなくなる

相続時精算課税制度は一度使うと、自動継続で取消は一切できません。

 

実務上、よく起きる現象として、相続時精算課税制度を使って贈与をしたあとに、通常の年間110万円の非課税枠を使って贈与をしてしまうケースです。

 

例えば平成25年に相続時精算課税制度を使って1000万贈与をした後に、平成26年に110万円、平成27年に110万、平成28年に110万の贈与をしたとします。

 

この場合、この人が亡くなった時には、手元の財産に1330万の財産を加えて相続税を計算しなければいけないこととなります。

 

このことから何が言えるとかというと、一度、相続時精算課税制度を使った場合には、二度と110万の非課税枠を使うことができなくなってしまうのです。

 

通常の生前贈与は110万までしか非課税となりませんが、その人の財産を減らすことができるので、将来の相続税を減らすことができます。

 

一方で相続時精算課税制度は、贈与税は2500万まで非課税ですが、結局、全て手元の財産に足し戻して相続税を計算するので、将来の相続税を減らす効果は一切ないのです。

 

このことから、税金の負担を少なくしたいのであれば、相続時精算課税制度を使ってしまうと、二度と110万の非課税枠が使えなくなるので、使わない方がいいのです。

 

 

 

2500万を超えるどうなるの?

例えば、先ほどの甲さんが、平成25年に1500万、平成26年にも1500万贈与したとします。合計3000万となりますので、非課税となる2500万を超えることになります。

 

この場合には、2500万を超えた500万円に対して一律20%の贈与税が課税されます。つまり100万円の贈与税を払わなければいけないのです。

 

この贈与税100万円については、相続が起きた時に、相続税から控除されます。

 

 

 

このように、一度、相続時精算課税制度を使った場合には、その後、贈与を受ける都度、必ず贈与税の申告書を税務署へ提出しなければいけないのです。結構大変ですよね。

将来相続税のかからない人や、少しだけ相続税がかかりそうな人は、相続時精算課税制度はお勧め

例えば、3500万円の財産を持っている乙さんという人がいたとします。

 

この乙さんのお子さんが自宅を購入することになったので、頭金として1000万を贈与してあげたいと考えました。

 

しかし1000万も贈与した場合には、177万も贈与税がかかってしまいます・・・

 

せっかく、少しでも足しにしてほしいのに、こんなに税金かかってしまっては贈与も断念するしかありません・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときにこそ!相続時精算課税です!

 

この乙さんが相続時精算課税制度を使えば、1000万円を非課税で贈与してあげることができます。

 

贈与をした後の乙さんの財産額は3500万から1000万を引いた2500万です。

将来、この乙さんが亡くなってしまった時には、手元の財産2500万に、贈与をした1000万を加算した3500万で相続税を計算することとなりますが、3500万は相続税の基礎控除の金額を下回ります。※基礎控除のことを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください→相続税の基本のキ!基礎控除ってなーに

 

つまり相続税がかからないのです。

 

 

 

このようなシチュエーションであれば、相続時精算課税制度は非常に良い制度になるというわけです。みんなハッピーです♪

また、将来少しだけ相続税がかかりそうな人が、生前中に110万以上の贈与をしなければいけないような事情がある場合にも、この制度は有効です。贈与する金額にもよりますが、贈与税の負担と相続税の負担を比べて、どちらが有利になるかによっては、あえて、相続税で課税する方が有利になることもあります。(どちらが有利になるか知りたい人は↓の記事をご覧ください)

贈与税は払った方が得!相続税より安いんだから

贈与税の税率は高いと思われていますが、実は全然違うんです!相続税の税率に比べれば、贈与税の税率の方が圧倒的にお得なんです。110万の生前贈与よりも贈与税を払ってたくさん贈与していきましょー

まとめ

相続時精算課税制度は、贈与をする時には非課税ですが、相続が起きたに、非課税にした分を精算して課税する制度です。

 

この制度は節税をしたい人のための制度ではなく、将来的に相続税の心配のない人や、少しだけ相続税の負担が出る人が、110万を超える生前贈与しなければいけない事情があるときのための制度です。

 

将来的に、財産額がこの基礎控除を下回る見込みの人におかれましては、相続時精算課税制度は効果を発揮します。しかし、そうではない人は、この制度を使うと節税にはなりませんので、節税にならなくてもいいから早く贈与したい!という人以外は使わない方がいいです。

 

この仕事をしていると、本当に相続対策は薬とよく似ていると感じます。いくら良い薬であっても、骨折している人に風邪薬を飲ませても骨は治りません。逆に副作用で身体を悪くするかもしれません。

 

それと同じように、相続時精算課税も、将来的に相続税のかからない人が使えば効果抜群ですが、将来的に相続税がかかる人に使った場合には、むしろ逆効果になることがあります。

 

この制度を使う前には、相続専門の税理士に是非一度ご相談くださいませ!

 

 

この記事も読まれています

贈与税は払った方が得!相続税よりは安いんです

住宅取得資金贈与はまだするな!デメリットもあるよ

自分でできる相続税申告!相続税の超簡単な計算方法

 

【無料会員登録】楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪

1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

会員登録はこちら(無料)

無料相談やりません!私達が有料相談にこだわる2つの想い

私達、円満相続税理士法人では、相続発生前の生前対策のご相談は、初回面談から1時間当たり2万1600円のご相談料を頂戴しております。無料相談とせず、有料の相談にしているのには、この仕事に懸ける熱い想いがあるからです!

相続税に強い税理士を選ぶための5つのポイント

相続税は、担当する税理士の腕と経験によって何倍にも変わる恐ろしい税金です。費用や報酬だけで税理士を選ぶのではなく、実力を見極める5つの判断基準を解説しました。慎重に税理士を選びたい人だけご覧ください。

面談のご予約はいつでもお気軽にご連絡ください。

ご予約なしでの税務相談は受け付けておりません。
面談のご予約や、サービス内容の問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。

ご相談者専用ダイヤル 晴れ・福福

0120-80-2929

お電話対応可能時間: 

平日 9:00〜21:00

土曜 9:00~18:00

【久しぶりにやります!】
相続セミナー開催

久しぶりに相続セミナーを開催します!
【1】不動産は売却方法や売却するタイミングによって手取額が大きく変わります。これらを網羅的に解説した賢い相続不動産売却セミナー
【2】遺産分割調停の全容を、元裁判官や元調停委員を中心とした団体である一般社団法人ILCと共催で解説する寸劇で丸わかり!遺産分割調停の全て解説セミナー
ご興味ある方は、どんどんお申込みくださいませ♪

【無料会員登録】
楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪
1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

【新連載】
事業承継の学校

非常に多くのリクエストにお応えし、事業承継を体系的に解説したブログを連載していきます♪平成30年に始まった新事業承継税制の解説だけでなく、株式の評価方法やM&Aについても解説していきます。乞うご期待!

サイドメニュー