相続税のお悩みをご一緒に
解決できるよう全力を尽くします!

近畿税理士会 東淀川支部

税理士伊藤 昌二

相続税のお悩みをご一緒に
解決できるよう全力を尽くします!

近畿税理士会 東淀川支部
税理士伊藤 昌二

初めまして、税理士の伊藤昌二と申します。
私がこの仕事をする上で心掛けていることは、「ご相続人のご負担をできる限り軽減することを第一に、丁寧な対応を迅速に行うこと」です。
一生に何度もない相続の手続きは分からないことが多く不安だと思います。そのような状況でご依頼頂いているからこそ、出来る限りご負担を軽減し、お悩み等ご相談事項に対しては迅速に対応したいと思うからです。
相続税の計算は、土地など財産評価に時間が掛かります。ただ、相続税額がいくらになるかは気になるところと思いますので、概算額を出来るだけ早くお伝えするようにしています。また、相続税は財産の分け方で税額が大きく変わる為、シミュレーションを含む中間のご報告を丁寧にさせて頂きます。
弊社には一般の税理士事務所にはない豊富な相続の実績とノウハウがあります。
ご家族のお気持ちを最優先にしつつ、税金面で損が出ない様な提案をさせて頂きます。当提案をベースにして頂き、ご家族の未来が円満に続くような相続を実現しましょう!
ご気軽にご相談下さい。ご連絡お待ちしております。

税理士伊藤 昌二

地方銀行で働きながら税理士を目指し、40歳で官報合格。
地方銀行を退社後、三重県内の税理士事務所を経て、相続専門の円満相続税理士法人へ入社。
税理士に加えて、宅建士と社労士の資格を保有しており、税金面だけでなく、不動産や年金などのご相談にも対応できるよう日々研鑽に励んでいます。
現在は、相続税申告を中心に業務を行っています。

経歴
1995年 東京理科大学理学部卒業
1995年 株式会社第三銀行(現三十三銀行)
2013年 税理士試験・官報合格
2021年 円満相続税理士法人入社
資格
税理士
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
社会保険労務士(登録申請中)
宅地建物取引士(登録申請中)
生い立ち
出身地は三重県鈴鹿市です(現在は津市に住んでいます)。
鈴鹿サーキットや本田技研の鈴鹿工場があるなど、モータースポーツの街で育ちました。1993年のF1グランプリで、アイルトン・セナの優勝を直接観ることが出来たことが思い出に残っています。

子供の時はプロ野球に夢中になりました。父親は熱烈な阪神ファンであり、又、地域柄、周囲は中日ファンが多いという環境でしたが、巨人一筋で応援し、特に大学での東京生活は野球観戦に明け暮れました。

社会人として地方銀行に勤務してからは、ライフプランニングの提案スキルを磨きたいと考えるようになり、宅建士と社労士の資格を取得しました。そして、32歳から税理士試験の勉強を開始、法人税、所得税、相続税を受験し、40歳で官報合格しました。

その後、税理士事務所に転職しました。一般の事務所の為、法人税や所得税の申告が中心で、事業の成長を応援するという点ではやりがいはありましたが、実際に事業を経営していない身として税理士が出来ることは限られているように感じました。
一方で、相続税の申告は年に数件しかありませんでしたが、財産の分け方や特例の適用により税額が大きく変わるなど専門性が高い分、税理士が出来ることも多いと感じました。また、相続税申告は一生に何度もない大切な手続きでもあります。

そして、相続専門の税理士になることを志望、相続専門の事務所のうち「相続税の計算一つ一つを、税理士自らが真心を込めて行う」というこだわりの点に共感し、円満相続税理士法人に入社しました。
どんな人
【趣味】
・音楽
もともと前向きな性格ではありますが、落ち込んだときは音楽に救いを求めます。長渕剛、尾崎豊、浜田省吾の歌には、何度もそして今も元気づけられています。

・ゴルフ
キャリアは10年を超えますが、未だに100を切ったことはありません。大学生の息子と一緒に回ることが楽しみです。

・温泉
榊原温泉(三重)、南紀勝浦温泉(和歌山)が大好きです。自分の中での三大名泉を決定したく、良い温泉を紹介頂けたら嬉しいです。
今一番やりたいこと
・離島旅行
数年前一人旅をした際に、西表島で見た星空が今でも忘れられません。コロナが落ち着いたら、色々な離島に行ってみたいと思います。