• TOP
  • ブログ
  • Q&A
  • 非上場株式の評価に関して。【純資産価額方式の評価時点】

非上場株式の評価に関して。【純資産価額方式の評価時点】

2021.08.23

ご質問頂き、ありがとうございます!税理士の枡塚です。

著しい増減が、どの程度のものをいうかについては、明らかにされているものがありません。

そのため、どこまで許容してもらえるかは、ケースによって異なるということになりますが、

我々が実務上で非上場株式の評価を行う際に仮決算を行うことはほとんどありません。

感覚ですが、9割近くが、直前期末の簿価を使用しているかと思います。

また、税務調査で問題になった経験はありません。

直前期末は、課税時期より前にあるため、意図的に会社資産を減少させることは基本的にできないため、直前期末から課税時期までの間に日常的な業務を行われているだけであれば、直前期末を使用して特段問題はないと思います。

また、日常業務以外を行っていても、最終的な株価に大きな影響を及ぼす取引(固定資産を処分している、保険契約を契約・解約をしている、退職金の支払いをしているなど)がされていないのであれば、特に問題とされることは起きないと考えられます。

今回、ご相続が12月ということでしたので、決算日によっては直後期末の方が近いかもしれません。

著しく増減がないと認められる場合(意図的に資産を処分したり、債務を増加させているなど)には、

直後期末により計算しても差し支えないとされていますので、こちらもご検討ください。

ご参考になれば幸いです♪

円満相続ちゃんねる

税務調査の裏話を、ぶっちゃけ公開中

税制改正等の最新情報を
タイムリーに配信中!

無料

メルマガ or LINE公式アカウント登録で
1万円値引きキャンペーン実施中!

※当キャンペーンは予告なく終了しますが、今ご登録いただいた方は、未来永劫1万円割引の対象となります。

メールマガジン登録

氏名
メールアドレス
年代
都道府県
当サイトの個人情報の取り扱いについて

同意する

LINE公式アカウント登録

友達追加する

※メルマガとLINE公式アカウントは違う情報を配信しております。

さらに今なら下記のプレゼントを進呈中!