円満相続税理士法人

〒107-0062 東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア2F (青山一丁目駅徒歩1分)

※予約なしでの電話相談は受け付けておりません

0120-80-2929

【税理士試験合格ブログ】
勉強時間確保のために私がやった4つの断捨離

【この記事の執筆者】

相続税の研究を愛する相続専門の税理士。23歳で税理士試験に合格し、国内最大手の税理士法人で6年間の修行を積んだのちに独立。円満相続税理士法人の代表を務める。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。相続税専門の税理士の橘です。

 

税理士試験って、ほんとーに過酷な試験ですよね。私も受験生時代は本当に苦労しました。何度も諦めかけたこともあります。

 

私は合計4回の試験で5科目合格しました。戦歴は次の通りです。

2年目の試験では、法人税と固定資産税を受験して、見事に全滅!人生で一番の挫折を味わいました。当時、大学生だった私は、サークル活動やゼミにまったく参加せず、ただひたすらに大原(町田校)の自習室にこもって勉強をしていました。華の大学生活を全て自習室に捧げたのです。

 

しかし、結果は無情にも不合格・・・。

 

泣きました。

 

悔し泣きです。当時を思い出すと、思い出し泣きします・・・。

 

本当に悔しかったからこそ、次の税理士試験では、絶対に合格する!と心に誓い、今までの勉強方法を抜本的に見直しました。そして新しい勉強方法を導入したのです。

 

その結果、3年目の試験では法人税、消費税、固定資産税を受験し、法人税・消費税に合格し、4年目で固定資産税に合格し、5科目が揃いました。ちなみに、法人税の直前模試では全国1位、消費税は全国10(しかも初学です)の成績でした♪

 

ちなみに、私が行った勉強方法は過激です。「そこまでやる必要ある?」と感じる人も多いと思います。

 

はっきり言って、ここまでやらなくても合格する人は合格すると思います。ただ、当時の私は、確実に合格したかったのです。本試験の緊張の中でも確実に合格点を掴み取るには、上位1%に入れるくらいの実力が必要だと思っていたのです。(合格する人のマインドについて詳しくはこちらの記事もごらんください→合格マインドとは?)

 

ですので、参考にならない部分もあるかと思いますが、全国1位の実力をつける人は、どういった勉強方法を実践していたのかを知って損はないと思います。

 

現在、税理士試験にチャレンジをしている方へ、少しでも参考になればと思い、私が実践した勉強方法をお伝えしていきます。

 

 

意識を変えるな!環境を変えよ!

私が一貫してやったことは、「税理士試験の勉強を頑張りぬく意識をもつ」のではなく、「税理士試験の勉強を頑張らざるを得ない環境をつくる」ことです。

 

これは、私の大好きな本である【夢をかなえるゾウ】(作:水野敬也さん)から得たアイディアです。その本の主人公のガネーシャが、次のような名言を残しています。

 

本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな。 

 

これは、夢を実現させるためには、意識ではなくては環境を変えることが重要だという意味です。受験勉強にストイックにならざる得ない環境を、自分で作り出すという発想です。

 

人の意思とは弱いものです。妥協できる環境があれば人は簡単に妥協してしまうのです。

 

それであれば妥協できない環境を作り上げればいいのです。いらないものは全て捨ててしまえばいいのです。妥協できる要素をなくせば、自ずと良質な勉強時間を確保できるのです。

 

私が具体的に実践したことは次の通りです。

SNSをやめた

私には、受験勉強の合間で、息抜きに携帯をいじる癖がありました。当時、流行っていたのはmixiです。大学生だったこともあり、周りの友達が何しているのかなーと気になって、mixiをいじる時間が増えていました。気が付けばネットサーフィンをして無駄な時間を過ごしている自分に気が付きました。

 

「この時間、もったいない!!」

 

と気づき、mixiをやめようと決意します。

 

しかし、心で誓うだけでは、すぐに妥協してしまいます。

 

そこで私は、携帯電話の定額パケット通信のプランを解約したのです。

これをしたことによって、今後、mixiを見るのにはパケット通信料が発生するのです。当時お金がまったくない私にとっては死活問題です。そこから一切、携帯をいじる癖はなくなりました。意思を変えるのではなく、具体的な何かを変えるとは、このようなことをいいます。

 

時代は流れ、今、流行しているのはFacebookやインスタグラムですね。

 

独立開業をするとFacebookはマストアイテムなので、今もやっていますが、私は携帯からFacebookにアクセスできないようにしています。気が付けば、ボケーっとfacebookを眺めている時間がもったいないのです。facebookを見るときは、集中して見る!イイネ!イイネ!イイネ!よし、ログアウト!という感じです。

 

テレビもやめた

テレビ

次に封印したのはテレビです。自分の部屋にあるテレビにガムテープをぐるぐると巻きました。そして、その上に、「徹しきれぬ者、それは弱き者」という張り紙を貼りました(これは私の大好きな漫画、バカボンドからの引用です)

 

これをしたことによって、自分の部屋でテレビを見て過ごす時間が0になりました。その分、夜は早く寝て、朝は早く起きることができるようになったのです。

 

これは、私が受験生時代にとても強く意識したことなのですが、本試験の時間帯に最高のコンディションがだせる生活リズムを定着させるのはとても大切です。簿記論、法人税法、固定資産税は朝の九時からですよね。朝一に頭がしっかりと回るように、リズムを整えておきましょう。

 

そのためには、早起きが大切です。早起きには、コツがあります。そのコツは、早く寝ることです。

 

余談ですが、今も私は目覚まし時計を使っていません。毎日7時間は寝ています。睡眠時間を削って仕事を頑張っている人も世の中にはたくさんいますが、私にはまったく理解できません。

睡眠時間が短いと、仕事のスピードや精度が落ちませんか?結局、無駄な時間が増えると思うのです。私は睡眠時間をしっかり確保することは非常に大事だと思っています。

 

「よくそんなに寝る時間、確保できるね」と言われるのですが、これにもコツがあるのです。

 

それは、睡眠時間を確保するために、通勤時間をなくしているのです。私は、職場と住む場所は徒歩10分圏内にすると決めています。通勤時間が短い分、人と同じ時間働いても、人より長く寝ることができています。

 

受験勉強の時間は、長ければいいというものではありません。良質な勉強時間を確保することが大切なのです。寝不足の頭で3時間勉強するよりも、万全の状態で1時間勉強した方がはるかに良い勉強ができます。

 

良質な勉強時間のためには良質な睡眠が非常に大切です。寝る前の過ごし方を見直してみましょう。

 

 

タバコもやめた

たばこ

大学生くらいの頃は、タバコを吸っているのは、かっこいいと思っていました。当時の私は、一日一箱以上を吸う、ヘビースモーカーでした。

 

タバコは一箱に20本あります。1本吸うのに、だいたい3分から4分くらいかかるのです。3分×20本=60分!つまり11時間は、タバコを吸って、ボケーっとしていることに時間を使っていたのです!!

 

「この時間!超もったいない!!」

 

お金や健康よりも、時間がもったいないと痛感してタバコをやめようと決意しました。

 

しかし、経験のある方も多いと思いますが、タバコをやめるのは一筋縄ではいかないのです。

私はどのようにしてタバコをやめたのかというと・・・

 

 

 

気合です!!!

 

 

 

と、いうのは嘘です。気合でタバコはやめられません。

私は、禁煙セラピーという本を読んで、タバコをやめることができました。

 

よくこの話をすると、「その本にはどんなことが書いてあるの?」と質問されます。

 

逆に「どんなことが書いてあると思う?」と聞き返すと、「タバコを吸うと、いかに健康に害があるかとか、そういうことでしょ?」と答えが返ってきます。

 

実は、そういったことは、ほとんど書かれていません。書かれているのは、人が何故タバコにはまってしまうか、ということです。

 

このメカニズムが理解できると、不思議と簡単にタバコをやめることができるのです。私の父も、30年以上タバコを吸っていましたが、この本をプレゼントしたところ、すぐに禁煙に成功していました。お勧めです!

 

 

大原の自習室をやめた

大原の自習室に通うのをやめました。代わりに大学の図書館に通いました。これは、大原で勉強仲間に会うのをやめるためです。

 

資格の専門学校に通う目的は、試験に合格すること!ただそれだけです。友達を作って、「勉強大変だね~頑張ろう~」と言っている場合ではないのです。

 

よく専門学校の喫煙所や休憩室でたむろしている受験生がいますが、残念ながら、長年合格できない人が多いですよね。

 

勉強仲間を作ることが悪いことだとは思いません。私も受験生時代の大原町田校の仲間達は、今も大切な仲間です。しかし、それが休憩室でダラダラと雑談するような仲間になるなら、それは仲間とはよびません!傷の舐めあい軍団です。本当の仲間は、お互い高めあえる存在です!

 

怠惰な気持ちは伝染します。孤高に自分の実力を高めるために、知り合いが一人もいない環境で勉強するのもお勧めです。

 

まとめ

本気で税理士試験に合格したいのであれば、ストイックに頑張ろうと意識を変えるのではなく、ストイックに頑張らざるを得ない環境を作り出すことにコミットしてください。

 

私が強いのは、自分の意思が弱いことを知っていることです。意志が弱いので、環境を変える努力をしたのです。不思議なことに、Facebookやテレビをやめても、1日で慣れますよ。是非、試していただきたいと思います。

 

ちなみに、今の私はお酒をやめています。平成28819日に有楽町のセブンイレブンで買ったスーパードライ以降、お酒を口にしていません。独立開業をするにあたって、もっとストイックに頑張ろうと思って、お酒をやめました。

 

健康のためでも、お金のためでもありません。時間のためです。

 

飲み会が無駄な時間というわけではありません。しかし、飲み会よりも大切なことがあるのも事実です。お酒が入ってしまうと、その日はもう何もできません。飲み過ぎた日には、次の日まで影響がでます。

 

本気で夢を叶えたいなら、124時間という時間を、どれだけ夢の実現に注げるか。税理士試験に合格したいなら、どれだけ質の高い勉強時間を確保できるかです。

 

 

是非、時間の断捨離をして、税理士試験合格を勝ち取ってください♪

この記事も読まれています

税理士試験に合格する人のマインド、合格しない人のマインド

20代で税理士試験に合格し独立開業するまでの道のり

合格したかったら直前模試の範囲表は見ずに捨てろ

 

【無料会員登録】楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪

1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

会員登録はこちら(無料)

無料相談やりません!私達が有料相談にこだわる2つの想い

私達、円満相続税理士法人では、相続発生前の生前対策のご相談は、初回面談から1時間当たり2万1600円のご相談料を頂戴しております。無料相談とせず、有料の相談にしているのには、この仕事に懸ける熱い想いがあるからです!

相続税に強い税理士を選ぶための5つのポイント

相続税は、担当する税理士の腕と経験によって何倍にも変わる恐ろしい税金です。費用や報酬だけで税理士を選ぶのではなく、実力を見極める5つの判断基準を解説しました。慎重に税理士を選びたい人だけご覧ください。

面談のご予約はいつでもお気軽にご連絡ください。

ご予約なしでの税務相談は受け付けておりません。
面談のご予約や、サービス内容の問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。

ご相談者専用ダイヤル 晴れ・福福

0120-80-2929

お電話対応可能時間: 

平日 9:00〜21:00

土曜 9:00~18:00

【無料会員登録】
楽しく相続税を学ぶ会

動画で学ぶ相続税の学校を無料で公開中!さらに今なら下記のプレゼントを進呈中♪
1会員限定全国(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)セミナーご招待
2実際にあった相続失敗事例集
3贈与契約書のひな型
4贈与税が簡単に計算できるエクセルシート
5税制改正等の最新情報を定期配信

サイドメニュー